HOME > ABOUT US

名称
徳島駅前一番町商店会
代表者名
会長 齋藤 陽子
所在地
徳島市八百屋町2丁目16
TEL(088)622-3110 FAX(088)622-3172
設立
昭和24年町内会として発足
昭和40年、昭和59年改組する
組合員数
45軒
役員
理事13名
内訳
会長   1名
副会長   2名
会計   1名
班長    4名
会計監査  2名
広報    3名
地域
徳島市一番町2丁目 3丁目 及び 徳島市寺島
本町東3丁目の一部 並びに 徳島市八百屋町2丁目の一部
シンボルカラー
高貴の「紫」、信頼の「青」、情熱の「赤」
沿革
昭和24年 一番町々内会発足
昭和40年 一番町商店会に改組(任意組合)
昭和59年 徳島駅前一番町商店街振興組合設立
〃   カラー舗装・街路灯・モニュメント敷設
平成2年 電線地中埋設(キャブ工事)完成
商店街の立地及び特徴
徳島駅前に位置し、近くに「徳島そごう」「クレメント徳島」等の大型店があり、「ホテルサンルート徳島」「ダイワロイネットホテル徳島駅前」などのオープンに伴い、人通りが増加。近隣に事業所が多いため、飲食店が多いのが特徴。
一番町の歴史
当商店街の位置する内町地区(別名ひょうたん島)は、蜂須賀家政公(蜂須賀小六正勝の子)が渭山(城山)に徳島城を築城したことにより、政治、経済、文化の中心となりました。一番町は、古くは紙屋町と呼ばれ、城下の商業の中心でした。以来、戦前までその状態が続きましたが、徳島市も例に漏れず、大空襲で焼け野が原となってしまいました。その後、駅前にはバラック小屋が建ち並んでいましたが、戦後、一番最初の公共事業(駅前の区画整理)により、紙屋町の町並みも一変しました。駅から国道への斜めの連絡道路が出来たため、紙屋町は2分の1しか残りませんでした。その2分の1と、斜めの連絡道路を合わせて、戦後一番ということで、一番町と名付けられました。

(参考) 水の都 徳島(徳島藩御城下絵図)武家屋敷と町家

annai1.jpg案内表示灯monu1.jpgモニュメントmonu2.jpgモニュメント (阿波踊りの女踊りをイメージ)tokei.jpg太陽光発電式時計(高速バスの乗降客に役立てて頂く為、マリンピア沖の洲ライオンズ クラブの協力を得て設置light.jpg歩道街路灯